国産旅客機「C919」が型式証明の飛行試験

2017-11-27 12:04:16

中国航空工業試験飛行センターが24日に明らかにしたところによると、23日午前1132分、国産大型旅客機「C919」の型式証明の取得に向けた試験飛行が、陝西省西安市の西安閻良空港で始まった。新華社が伝えた。

試験飛行では「C919」の10101号機が空を駆け上り、2時間17分にわたる飛行を終えて、午後149分に着陸した。趙鵬機長の報告によると、「大型旅客機C91910101号機が航空工業試験飛行センターに移動して初めての試験飛行は順調に行われ、機体の状況は良好で、チームは任務の要求通りにすべての科目を達成し、すべて順調だった」という。

同センターは「C919」の試験飛行を通じて、大型航空機の審査合格に向けた試験飛行の全体的な技術、空気力学飛行測量技術など11の重要技術について、深いレベルで研究をさらに進めている。

「人民網日本語版」20171125

関連文章