アジア文明対話大会に相互理解促進の意義=韓国音楽協会

 

今月15日に、北京市で「アジア文明対話大会」が開幕します。大会に出席する韓国音楽協会の李哲求(イチョルグ)理事長がCRI記者の独占インタビューに応え、「韓国の音楽は中華文化の影響を受けている。両国の音楽分野における交流と協力が増えてほしい」と述べました。

韓国は、中国の音楽を参考にしながら独自性を加えることで、伝統的な音楽を生み出しました。現在では、K-POPはアジア音楽を代表するものとして世界の人々を魅了しています。韓国のミュージシャンは民族的な文化に立脚し、韓国らしさを最大限に発揮することで世界に認められています。

李理事長は「文明文化には、相互の理解尊重信頼を促進する力がある。それこそが、今回のアジア文明対話大会の意義だ」と示しています。(CRI日本語 殷、謙)

人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850