<アジア文明対話>経験交流と学び合いで共同発展を=黄部長

 

黄明坤中国共産党中央政治局委員兼中央宣伝部部長は15日午後、北京で、アジア各国が政権運営について経験を学び合う分科会に出席し、基調講演を行いました。黄部長はその中で、「文明交流や学び合いをしてアジア運命共同体を作り、各国で政権運営の経験を分かち合い、共同発展に知恵を出して、アジアの文明の進歩にアイデアをもたらす」と強調しました。

黄部長は、「習近平主席がアジア文明対話大会の開幕式で基調演説し、平和で安定し、共同に繁栄し、開かれて相互連結したアジアという素晴らしいビジョンを描き、その上でアジアの文明の交流と学びあいを進めるための4点の主張を打ち出した。アジアそして人類運命共同体を作るために、中国の知恵を与え、アジア各国の政権運営、繁栄と発展へ道筋を与えた」と述べました。

その上で黄部長は、「新中国の成立から70年、中でも中国共産党第18回大会以降、中国の発展は歴史的な成果や変革をもたらしている。中国は常に、国情に基づいてゆるぎなく自分の道を歩み続けている。人民を中心に、発展の成果を全国民に行き渡らせ、改革を原動力に、全社会のイノベーションや創造への力を活性化させ、開放をもって発展し、世界をいだき世界に溶け込むことで世界に福祉をもたらし、党の指導を強めて整備し、現代中国の発展により強い政治的バックアップを果たし、政権運営のルールへの認識を大いに深めた」と述べました。

この分科会は、アジア文明対話大会における6つの分科会の一つで、50の国と国際機関からおよそ300人が参加しています。(CRI日本語 Yan、森)

人民中国インタ-ネット版に掲載された記事・写真の無断転載を禁じます。
本社:中国北京西城区百万荘大街24号  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中国語) FAX: (010)6831-3850