佛系青年

2018-03-30 16:02:24

【仏系青年】

 何も求めず、その日一日無事に過ごせられればいいという生活を送る若者を指すネットの流行語。2014年に日本のある雑誌に登場した言葉が語源で、その雑誌では一人でいるのが好きで自分の趣味と生活を大切にし、恋愛に時間を費やさない男性のことを「仏男子(ぶつだんし)」と紹介した。1712月に中国で『初期の90後はもう出家した』というタイトルの文章がネットに広まり、「仏系」という言葉が知られるようになった。文章で「90後(1990年代生まれ)」は人付き合いを気にしていないという態度を表しているが、それは自分勝手というわけではなく、ストレスやプレッシャーから解放される方法の一つである、と書かれていた。あるネットユーザーは次のように述べている。常に「仏の心」を持っていると消極的にならざるを得ない。頑張らず、大勢の赴くままに従うだけでは人の波にのまれ、自分を失うだけだ。

関連文章