数字脱贫

2018-04-28 13:58:52

【数値上の貧困脱却】

 貧困を脱却したという業績を示すために、一部の地域が貧困救済業務におけるデータを捏造する現象。具体的には、何人かの幹部がデータを操作して貧困世帯の収入を水増ししたり、貧困層の人口の数を減らしたり、実施されたばかりのプロジェクトに「正確」に利益を割り出したり、さらには「予想」すらも業績として割り出したりする行為を指す。この手の「数値上の貧困脱却」は書面上では計画の完成によって貧困脱却のノルマも達成したと報告しているが、実際の意味は全くない。例文: 要严肃查处假脱贫、“被脱贫”、数字脱贫,确保脱贫得到群众认可、经得起历史检验。/見せ掛けだけの貧困脱却、「貧困ラインの調整による貧困脱却」、数値上の貧困脱却を厳格に取り締まり、貧困脱却が大衆に認められ、歴史の検証に耐えうるようにする必要がある。

 

関連文章