「恐婚族」、旅行で春節連休を過ごす

2018-01-12 10:54:01

中国の今年の春節連休は来月15日から21日までの7日間だ。多くの人が帰省する時期だが、「親から結婚を催促されるのが苦痛」と頭を抱える独身者も多い。今、中国の独身者数は2億人以上に達した。こうした結婚に消極的な「恐婚族」が目を向けているのが海外旅行だ。

中国の大手オンライン旅行会社携程は、若いユーザーを対象に春節の観光意向を調査した。調査の結果によると、30%のユーザーは帰省の代わりに、個人旅行あるいは家族旅行を選んだ。

個人旅行を選択したユーザーのうち、33%は独身の「恐婚族」で、年齢から見れば、1990年代生まれが最も多く、49%の割合を占めた。「恐婚族」が行きたいと考える旅行先ランキング上位10位は、バンコク、香港、プーケット、東京、台北、大阪、パタヤ、シンガポール、チェンマイ、バリ島の順で、日本と東南アジアが中心になっている。

人民中国インターネット版2018112

関連文章