1~6月 西部の工業企業利益大幅増 

2018-08-02 14:25:56

 

【新華社北京8月2日】中国国家発展改革委員会(発改委)の統計によると、201816月、西部地域の工業企業の利益は前年同期比232%増の5755億元(1元=約16円)、伸び率は前年同期を269ポイント下回り、15月を11ポイント上回った。発改委サイトが伝えた。

9省自治区直轄市の工業企業利益は前年同期を上回った。うち伸び率が比較的大きい甘粛省、貴州省はそれぞれ954%、454%増えた。伸び率を前年同期と比べると、貴州省、四川省は175ポイント、21ポイント上昇した。甘粛省、青海省は前年同期、黒字転換に成功した上、今年さらにそれぞれ954%、44%増えた。一方、5省は伸びが低下し、新疆ウイグル自治区、寧夏回族自治区はそれぞれ1809ポイント、657ポイント低下した。伸び率を1~5月と比べると、4省は拡大し、内モンゴル自治区、広西チワン族自治区はそれぞれ106ポイント、21ポイント拡大した。5省は低下し、甘粛省、青海省はそれぞれ292ポイント、149ポイント下がった。重慶市は前年同期の227%増から44%減となった。雲南省は前年同期の753%増から52%減となり、低下幅は1~5月比で46ポイント鈍化した。チベット自治区は前年同期の13倍増から393%減となり、低下幅は1~5月比で02ポイント拡大した。

関連文章