王毅外交部長「各国は一方的な保護貿易主義に断固反対すべき」

2018-08-07 14:56:42

 

王毅国務委員兼外交部長(外相)は6日に北京で、第73回国連総会のエスピノサ議長と会談した。新華社が伝えた。

王部長は「国際社会は多国間主義に対する共通認識を強化し、国連の権威と役割を守り、国連憲章の趣旨と原則を中核とする国際体制を維持し、経済グローバル化のより開放的包摂的であまねく恩恵を及ぼす、均衡あるウィンウィンの方向への発展を後押しするべきだ。各国は一方的な保護貿易主義に断固として反対し、国際ルールと法治を守り、世界の人々の共通利益を守るべきだ」と表明した。

エスピノサ議長は「中国が一貫して多国間主義と国連の役割を支持し、重要な建設的役割を発揮していることに感謝する。世界の発展促進に前向きな貢献をする『一帯一路』イニシアティブを、私は引き続き支持する」と表明した。

 

「人民網日本語版」201887

関連文章