楊潔篪氏「中国は必要な措置を講じて自国の利益を守る」

2018-10-10 14:02:23

 

楊潔篪中共中央政治局委員(中央外事活動委員会弁公室主任)は8日、ポンペオ米国務長官と北京で会談した。

楊氏は「中米関係は現在重要な岐路に立ち、少なからぬ試練に直面している。中国側は米側による最近の中国関連のネガティブな言動について、すでに厳正な申し入れを行い、原則的立場を公に表明した。われわれは米側に対して、過ちを正し、中国側の利益を損なう行動を止めるよう求める。中国側は引き続き必要な措置を講じて、自らの主権、安全、発展上の利益を断固として守る」と表明。

「共に大国である中米は協力して初めてウィンウィンとなる。米側が正しい選択をし、中国側と向き合って進み、過去数回の中米首脳会談での重要な合意を真剣に実行に移し、相互尊重を基礎に意見の相違を適切に管理コントロールし、互恵を基礎に実務協力を拡大し、中米関係の正しい軌道に沿った前向きな発展を確保することを希望する」とした。

楊氏はまた、中米の経済貿易関係、台湾、南中国海などの問題における中国側の原則的立場を重ねて表明した。

ポンペオ長官は「米国は中国との協力ウィンウィンの実現に尽力している。米側は中国側と意思疎通を強化し、現在両国関係の直面する試練を解決する建設的な案を共に探りたい。米側は『一つの中国』政策を堅持する。国際地域問題について引き続き中国側と意思疎通と調整を保ちたい」と表明した。

 

「人民網日本語版」2018109

関連文章