「三新」経済の付加価値データ初発表 約13兆元に

2018-11-26 13:23:11

 

中国国家統計局が1122日に発表したデータによると、「新産業新業態新ビジネスモデル統計分類(2018)」及び「新産業新業態新ビジネスモデル付加価値の計算方法」によれば、2017年中国全国の「三新」経済付加価値がGDP15.7%に相当する129578億元に達し、前年より0.4ポイント増加した。現在価値で計算されたその成長率は14.1%で、同期GDP2.9ポイント高ということが明らかになった。中国新聞網が伝えた。

「三新」とは、新産業、新業態と新ビジネスモデルの略語で、経済における新産業、新業態と新ビジネスモデルの生産活動をひとまとめにしている。「三新」経済の付加価値はある国や地域が一定期間内に生み出した「三新」経済の最終的な成果を示している。

産業別でみてみると、中国の第一次産業における「三新」経済の付加価値は5998億元、GDP0.7%に相当する。第二次産業における「三新」経済の付加価値は54253億元で、GDP6.6%を占めている。また第三次産業におけるの「三新」経済の付加価値は69326億元で、GDPでの割合が8.4%となっている。なかでも、第三次産業の「三新」経済の成長は急速で、付加価値の現在価値での成長率が17.0%に達し、GDP での割合が前年より0.4ポイント相当上昇している。

 

「人民網日本語版」20181126

関連文章
日中辞典: