習近平国家主席が中露印非公式首脳会談に出席

2018-12-03 09:08:58

 

習近平国家主席は現地時間1130日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで中国ロシアインド非公式首脳会談に出席した。習主席はロシアのプーチン大統領、インドのモディ首相とともに、新たな情勢の中での中露印協力について踏み込んだ意見交換を行った。3ヶ国の指導者は3ヶ国の協調を強化し、3ヶ国の共通認識を結集し、3ヶ国の協力を増進し、世界の平和安定発展を共同促進することで一致した。新華社が伝えた。

習主席は、「過去10数年にわたり、3ヶ国は開放、団結、相互理解、相互信頼の精神に基づき、3ヶ国の対話や協力を積極的に展開し、重要な進展を遂げてきた。新たな試練に直面して、われわれは中露印協力をさらに推進しなければならない。中露印は新型の国際関係を提唱し、政治的相互信頼を絶えず突き固め、パートナーシップは結ぶが同盟は結ばず、大国同士の関係の好循環と協力ウィンウィンを推進しなければならない。G20BRICS、上海協力機構などの重要な多国間メカニズムにおける協調協力を強化しなければならない。中露印は貿易投資の自由化と円滑化を推進し、開放型世界経済を促進し、旗幟を鮮明にして保護主義と一国主義に反対し、多国間貿易体制を共同で守り抜き、新興エコノミーと発展途上国の利益を保護しなければならない。中露印は共同の、総合的で、協力する、持続可能な安全保障観を積極的に提唱し、世界と地域における反テロリズムの協力を強化し、注目を集める問題の政治的解決のプロセスを推進し、世界と地域の平和と安全を守るためにより大きな役割を発揮しなければならない」と指摘した。 

プーチン大統領は、「現在の世界情勢の下で、露中印が協力を強化することは3ヶ国自身の利益に合致することであり、世界にとっても積極的な意義があることだ。3ヶ国はより公平で公正な国際システムの構築に努力し、世界の平和と安定を促進し、経済と金融の分野における協力、G20の議事日程も含めた協力を強化し、ユーラシア経済連合(EEU)と『一帯一路』(the Belt and Road)建設とのマッチングを推進しなければならない」と述べた。 

モディ首相は、「印中露は世界の主要国として、責任ある態度で密接なコミュニケーションを保ち、世界と地域の安定を守り、経済的繁栄を促進し、発展経験を共有し、新たな試練にともに立ち向かうために役割を積極的に発揮し、多国間主義を共同で守り抜き、多国間システムを保護していくべきだ」と述べた。

 

「人民網日本語版」2018122

関連文章
日中辞典: