王毅部長がASEANプラス3外相会議に出席

2019-08-07 10:22:23

 

 

王毅国務委員兼外交部長(外相)は2日、タイバンコクで開かれた第20ASEANプラス3(中日韓)外相会議に出席した。新華社が伝えた。

王部長は「ASEANプラス3諸国は東アジアの中核であり、ASEANプラス3協力は東アジア協力のメインルートだ。ASEANプラス3がうまく発展すれば、東アジアは繁栄し安定する。ASEANプラス3諸国が団結し協力すれば、東アジアは和やかで平穏になる。われわれはASEANプラス3諸国が常に団結と協力を重視し、手を携えた発展を重視し、地域の繁栄を重視し、摩擦や溝に適切に対処し、より良い東アジアを共同建設することを希望し、また信じている」と表明。

「われわれは人的文化的な交流及び協力を深め、ASEANプラス3を文化の和やかな共生を促進するプラットフォームとする必要がある。リスクや試練に連携して対処し、ASEANプラス3を平和安定維持の拠り所とする必要がある。中日韓協力の議長国及びASEANプラス3協力の共同議長国として、中国側は各者と緊密に協調し、11月の首脳会議の準備を整え、ASEANプラス3協力が新たな一層の発展を遂げる後押しをしたい」と述べた。

 

 

王部長はさらに「第1に、オープンで流通する東アジアを築く必要がある。域内包括的経済連携(RCEP)交渉の年内妥結を後押しし、中日韓自由貿易圏の構築を加速し、中国ASEAN自由貿易圏協力を深める必要がある。第2に、金融の安定した東アジアを築く必要がある。東アジア財政金融協力を深め、地域経済ガバナンスを整備し、金融の安定化と危機防止救済システム及び地域インフラ融資システムを築く必要がある。第3に、相互接続する東アジアを築く必要がある。オープンエコクリーンの理念に基づき、『一帯一路』を高い質で共同建設し、地域のコネクティビティを促進する必要がある。第4に、スマートイノベーションの東アジアを築く必要がある。ASEANプラス3科学技術協力をさらに深め、スマートシティ協力を強化する必要がある。第5に、持続可能な発展をする東アジアを建設する必要がある。地域間の発展格差を縮小し、災害管理、農業、貧困削減、環境保護分野の協力を深める必要がある。第6に、互いの文明を参考にする東アジアを築く必要がある。教育観光スポーツメディア分野の協力を深め、東アジア諸国間の文明文化交流を増進する必要がある」と述べた。

「人民網日本語版」201985

関連文章