第1回SCOメディアサミットが北京で開幕

2018-06-05 09:37:12

 

1回上海協力機構(SCO)メディアサミット(主催:国務院新聞弁公室)が1日に北京で開幕した。黄坤明中央宣伝部長(中共中央政治局委員)が開幕式で習近平国家主席の祝辞を読み上げ、基調演説を行った。新華社が伝えた。

習主席は祝辞で「現代世界は社会の情報化が急速に進行し、各国民の心の通じ合いを後押しする面においてメディアの果たす役割は重要さを増している。1年前に私が第1SCOメディアサミットの開催を提案したのは、SCOの人的文化的分野の交流や協力を促進するためだ。今回のサミットがSCOの力を結集するうえで積極的役割を果たすことを信じる。メディアはSCO各国が交流協力を繰り広げ、民心の通じ合いを促進する重要な懸け橋であり、『上海精神』の発揚者、実務的協力の開拓者、国民間の友好の伝播者であるべく努める必要がある。中国はSCOの発展を揺るぎなく支持する。各国と手を携えて前進し、より緊密な地域運命共同体を構築し、人類運命共同体の構築を後押ししたい」とした。

サミットは「上海精神を発揚し、メディア協力の新時代を開く」をテーマに、「メディア交流協力の強化に関する第1回上海協力機構メディアサミットの提案」を発表し、メディア交流協力に関する合意や覚書に署名した。開幕式にはSCO各国の報道当局と大手メディアのトップ及び関係方面の代表計260人余りが出席した。

 

「人民網日本語版」 201864

関連文章