• 北京市重大プロジェクト弁公室はこのほど、国家体育総局冬季スポーツ管理センターの首都体育館・首都体育館(首体)総合館、首都スケート館、選手用マンション、冬季五輪競技センターの5施設が正式に着工したことを明らかにした…
  • 11月19日2時7分、西昌衛星発射センターは運搬ロケット「長征3号乙」を使って第42、43基目の北斗衛星を同時に打ち上げ、予定の軌道に送り込むことに成功した。西昌衛星発射センターからの衛星打ち上げは今年に入って15回目、設立48年で124回目の衛星打ち上げ任務となる…
  • 第16回中国(広州)国際モーターショーが今月16日、中国進出口商品交易会展館で開幕した。25日まで10日間開催される…
  • 大亜湾の東は紅海湾と、西は大鵬湾に接しており、香港から40カイリ余りしか離れていない。大亜湾原発は中国初の大型商用発電所で、年間発電量は100億kWhを超え、香港と華南地区全体に直接送電される…
  • 近年、広西チワン族自治区は海、陸、空により立体的にASEAN諸国との相互接続を推進してきた。現在、高速鉄道の運営距離は1751キロ、高速道路の総距離は5000キロ以上…
  • 11月9日、「雪竜号」が赤道を通過する際、隊員たちは願いを託した風船を空に飛ばした…
  • 2018年4月19日午後、中国人民大学法学院では、中日本韓国三国の学生が一堂に会し「裁判に市民参加」というテーマで議論がなされた。このように議論できるようになったのは2011年に始まった「キャンパス・アジア」である。
  • 1000日以上の奮戦を経て、国内初の地下鉄海底トンネル、青島地下鉄1号線海底トンネルが6日、順調に貫通した。同トンネルの全長は8.1キロで、地下鉄海底トンネルとしては、国内最長…
  • 中国では地下鉄が都市の公共交通の主力となっている。運営に関わる設備や施設の維持管理の良し悪しは、地下鉄の安全な運行に直接影響を及ぼす…
  • 「ジャイアントパンダ国家公園管理局」の設立式典が29日、四川省成都市で催された。これにより、パンダ国家公園体制の試行事業を全面的に推し進める新たな段階に入った…
  • 「第2回国際パンダデー」にあたる10月27日、世界自然基金会(WWF)は世界で初めてとなる「パンダ友好認証(Panda Friendly Certification)」を発表した…
  • 80後(1980年代生まれ)の女性・葛さんは、海外で留学後、2013年に帰国し、浙江省杭州市臨安区にある両親の養鶏場を継いだ。現在、養鶏場では10万羽のニワトリを飼育しており、臨安区初の標準化・自動化された一定規模を備えた無公害の鶏卵を生産する採卵鶏農場となっている…
  • 中国交通運輸部の周偉チーフエンジニアは、23日に開かれた中国スマート交通大会で、「中国のスマート交通が近年、力強く発展している。交通運輸発展は、新たな世代交代の時期を迎えた」と述べた…
  • 第1回中国国際輸入博覧会がまもなく開幕を迎える。20世紀には外国人たちから「東洋のパリ」と讃えられていた上海。現在、街のいたるところにキンモクセイの香りが満ちており、今も変わらず人々を魅了してやまない...
  • 北京における9月のPM2.5濃度は1立方メートルあたり30マイクログラムと、監視測定が始まって以来、月単位の濃度として最低記録を打ち立てた...