• 春節(旧正月)を控え、中国ではいよいよ春運の時期が訪れます。今日は、春運の交通手段の一つである「高鉄(高速鉄道)」について、ニュースをお届けします
  • 現在北京で開かれている北京市の両会(人民代表大会・政治協商会議)において、同市内にある北京冬季・パラリンピック競技会場の全てが年内に竣工予定であることが明らかになった…
  • 中国国家鉄路集団公司の紹介によると、昨年開通した高速鉄道の距離は5000キロを超え、過去4年間で開通した高速鉄道が最多の一年になる見通しだ。今年はさらに多くの高速鉄道が開通する…
  • 1月11日、新疆ウイグル自治区和碩県第4回「氷雪カーニバル」シリーズ活動が中国最大の内陸淡水湖・博斯騰湖の北東岸にある金沙灘で開幕した。活動は旧暦の新年を跨ぎ、2月15日まで続く…
  • 1月12日、北京花郷花卉嘉年華芸術センターで花を観賞、購入する市民。同日、北京迎春年宵花展が北京花郷花卉嘉年華芸術センターで開幕し、多くの市民が観賞と購入に訪れた。
  • 旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制「春運」が10日に始まってから、2日目に当たる11日、鉄道と空路利用の旅客数が上昇傾向を見せています…
  • 複合型書店として知られる言幾又と米マイクロソフト(アジア)インターネット工学院はこのほど、文化・小売産業における人工知能(AI)活用をめぐり事業提携することを…
  • 中国の鉄道網は、今年の「春運」(春節前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)中の約4億4000万人の旅客輸送に対応するため、運行を加速している…
  • 北京大興国際空港北線高速道路廊坊区間の王馬相互接続ハブが3日、空撮された。同区間の全長は9.97キロ、設計上の時速は120キロで、双方向・8車線が設置される…
  • 1月10日から2月18日まで、全国は春運(春節帰省ラッシュ)期間に入り、全国の旅客輸送量は約30億人に達する見通し。中国気象台はこのほど、2020年春運起床サービス活動の実施に関する通知を発行し、気象保障サービスを取り決めた…
  • 内蒙古自治区科左後旗は近年、京蒙ペアリング貧困者支援をきっかけに、貧困者支援作業場を設立して貧困者の就職を促している。科左後旗には7カ所の貧困者支援作業場があり、1000人以上の貧困者を受け入れた。
  • 2020年、21世紀は「20年代」を迎えた。今年は小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的な完成と第13次五カ年計画の最終段階の年であり、中国は第1の百年奮闘目標を実現する…
  • 長江流域の重点水域で今月1日より、分類別・段階別の禁漁が実施される。農業農村部の于康震副部長は1日、その政策内容及び実施状況について全面的に説明した…
  • 新中国成立70周年祝賀大会が10月1日、北京で盛大に行われた。70年来、中国共産党の指導の下、中国人民は刻苦奮闘し、「立ち上がり」、そして「豊かになり」、さらに「強くなる」という偉大な飛躍を遂げ、新中国は世界が注目する偉大な成果を上げ、中華民族は偉大な復興に向けた洋々たる道を歩み続けている…
  • 二年連続で外国人が働きたい町の三位に選ばれている合肥市で働く日本人に話を聞いてきた。