• 北京大興国際空港が明らかにしたところによると、同空港は1期建設の中で超広帯域・高精度室内測位システムを応用している。測位の誤差は10センチ前後…
  • 第43回世界遺産委員会にて、中国黄海(渤海)渡り鳥生息地(第1期)が、中国で54カ所目の世界遺産に登録された。中国の沿岸湿地遺産の空白を補った…
  • 10回目となる中国おもちゃショー北京展(北京おもちゃショー)が11日、北京の全国農業博覧館で開幕しました。国内外から玩具メーカー210社以上が参加し、1万点余りのおもちゃが出展されています。ブロック、知能、DIYなどの品目が並ぶ北京おもちゃショーは14日まで行われます。
  • 生態環境部(省)は8日、今年上半期の全国大気の質状況を発表した。今年1月から6月、全国地級市レベル以上の都市における平均優良天気日数の割合は、前年同期比0.4ポイント増の80.1%だった。また、142都市が、都市部における環境大気の質基準を達成し、前年同期比で20都市増加した…
  • 回収を無料で行っている。虎哥環境公司の水分を含まないごみの1日あたりの処理量は250トン、資源化率は95%、無害化率は100%に達する。
  • 西蔵(チベット)自治区拉薩(ラサ)市の自動車保有台数がこのほど26万台を突破した…
  • 中国農業農村部(省)は先ごろ行った長江流域重点水域禁漁作業テレビ会議で、今年末までに、長江流域の発表済み水生生物保護区332ヶ所で漁民の漁業従事をやめさせ、全面的な永久禁漁を実施することを明らかにした…
  • 海南から北京に向かう便が3日、9月末の開業を予定している北京大興国際空港の上空を通過した。上空からは、大興空港の特色あるターミナルビルと滑走路の雄大で壮観な様子を一望することができた…
  • 「ゴミ分別」が義務づけられた上海に続き、北京もゴミ分別関連法の立法化をめぐる取り組みに着手した。北京市都市管理委員会はこのほど、「北京市生活ゴミ管理条例」の改正が、2018―2020年法律制定計画に組み入れられたことを明らかにした…
  • 2019世界モノのインターネット(IoT)博覧会および世界範囲でのIoT新技術・新製品・新応用成果の募集に関する記者会見が7月2日に北京で行われた。2019世界IoT博覧会は、江蘇省無錫市の太湖コンベンションセンターで9月7日から10日まで開かれる。
  • 内蒙古(内モンゴル)自治区呼和浩特(フフホト)市がこのほど開催した、第25回世界砂漠化及び干ばつ対策の日記念会議並びに砂漠化対策国際シンポジウムで明らかにしたところによると、中国は長年にわたる砂漠化対策の際立った貢献と成功経験により、世界の生態ガバナンスに「中国の経験」と「中国の知恵」を提供している…
  • 浙江省湖州市徳清県新田農荘はスイカ網栽培技術を使いスイカを植えている。スイカは網にかかって成長するため、形がとても美しい。「空のスイカ」は高品質・高利益だ…
  • 夏になり、山々に囲まれた祁連山国家公園は緑色に染まり、独特な高原気候で全国各地から観光客を引きつけている…
  • 今年55歳の王玉傑さんは警察官になって34年になる。珙県巡場鎮派出所の住宅地人民警察である彼は、庶民と付き合ってきた。近所で問題が起きたとき、王さんが出て行くと解決できる…
  • 1番目から16番目のドアは、青色が目印の「強冷房車」で、17番目から32番目のドアは、緑色が目印の「弱冷房車」。17日、北京地下鉄6号線で、設定温度が異なる車両を導入する試みが行われていた…