• 2月12日夜、2019年の「文化中国・四海同春」アジア芸術団の福岡初公演が行われた。本公演は中央民族歌舞団、中国歌劇舞劇院、解放軍文化芸術センター文芸部、大連京劇院、大連戦士紅星芸術団で構成され、歌舞、京劇、楽器演奏、雑技などの多彩な演目が繰り広げられた…
  • フジニュースネットワーク(FNN)は30日、日本の安倍晋三首相が春節(旧正月)に、中国人への祝賀ビデオメッセージを送ることを検討中と伝えた。中日両国は本件で最後の調整に入っている…
  • 現地時間1月28日は中国の旧暦の節句「小年」だ。中国駐日本国大使館は同日夜、日本各界の友好関係者と東京で新年会を開き、友好を語り新春を共に祝った。程永華駐日大使が出席し、挨拶した。
  • 1919年、初訪日した梅蘭芳氏は、中国の京劇芸術を初めて海外に紹介し、日本の観客から好評と称賛を得た。公演期間中、梅蘭芳氏は日本の演劇界、文学界、メディア界など各界と交流し、深い友情を結んだ…
  • 2019年中日友好新年音楽会が1月19日午後、北京の天橋芸術センターで開かれた。中国人民対外友好協会の宋敬武副会長、駐中国日本大使館の横井裕大使夫婦、河合楽器製作所の河合弘隆社長が出席した…
  • 中日平和友好条約締結40周年と、その友好に尽くした実業家・岡崎嘉平太生誕120周年を記念した特別展「岡崎嘉平太とLT貿易(中日長期総合貿易に関する覚書)」が昨年12月、北京の清華大学美術学院展示ホールで開かれた。
  • Panda杯5周年に当たる昨年、両国の指導者が中日関係が正しい軌道に戻るよう推し進め、各分野の民間交流はますます活発になり、第5回を迎えたPanda杯も、投稿数が最高の624点を数え、過去最多の21人の受賞者を中国訪問に招待した。
  • 1月12日から14日の3日間、名古屋中国春節祭実行委員会主催、中華人民共和国駐名古屋総領事館共催の第13回名古屋中国春節祭が名古屋市で行われ、中国伝統音楽や舞踊のステージで、20万人の来場者を楽しませた…
  • 新潟春節祭実行委員会(中国駐新潟総領事館、新潟華僑華人総会、新潟県、新潟市、新潟県日中友好協会、新潟大学中国留学生学友会で組織)による「新潟春節祭2019」が、1月17日と18日の2日にわたって新潟市音楽文化会館で行われた…
  • 今月12日、2019年中日友好成人式が北京で開催され、中国に留学している日本人学生や中国人の学生の代表らおよそ100人が参加した。
  • 俳優栗原小巻さんが中日友好関係者の方々と共に中日間の平和友好に命を捧げた長谷川テルさんを追憶し、中日のドラマ・映画合作について語り合う。
  • 2018年環球(グローバル)トレンド大会が、12月28日に北京で開かれた。環球時報と環球ネットが共催する同大会は、「改革、革新、責任」をテーマとし、「発展によるより便利な生活、より幸せな国民、より調和の取れた社会」を出発点としている。また、改革開放40周年という背景の下、世界の発展の動向を議論し、中国の次の40年の発展のために目指すべき方向と答えを探すことを旨としている。同大会には各界のリーダーや著名な学者、政府や優良企業の代表者など、500人余りが参加した。
  • 香港NGO法人智行基金会と東京世田谷中央ロータリークラブ主催で、中国エイズ孤児の絵画を展示する「紅いパン」絵画展IN JAPANが、12月11日から14日まで日中友好会館美術館で開催された…