党と国の指導者、天安門広場で「人民英雄」に献花

2019-10-01 12:58:51

  9月30日は中国の法によって定められた「烈士記念日」です。この日の午前、人民解放戦争と人民革命に命を捧げた「人民英雄」たちに献花する式典が、北京中心部の天安門広場で執り行われました。習近平氏など中国共産党と国の指導者らが北京市各界の市民代表らおよそ4000人と共に式典に参加し、烈士たちを偲び、国家の名において敬意を表しました。

 今年は、新中国成立70周年に当たります。統計によりますと、これまでに民族の独立、人民の解放、国の富強、人民の幸福のために命を捧げた烈士の数はおよそ2000万人に上ります。

 なお、式典に先立ち、習近平氏など中国共産党と国の指導者らが毛主席記念堂を訪れ、中国共産党、中国人民解放軍、中国人民共和国の主要な建国者及び指導者である毛沢東氏の座像に3度お辞儀した後、堂内に安置された毛沢東氏の遺体の顔を拝し、先の時代の革命家らを偲びました。

 

 

「中国国際放送局日本語版」2019930 

関連文章